【レポート】HISATOMI ワンマンライブ「WHO LONG HIGH?」


約1年ぶりのワンマンライブはピカデリーで決行。

会場はオープンからすごい熱気でリスナーはハイテンション。

 

そんな準備万端なフロア雰囲気を一気にピークまで持っていくようにスタートした瞬間RISKY DICEがプレイ。

 

HISATOMIの盟友としてさすがのMCとサウンドで緊張感が一気にとけ、会場は爆笑の渦。

選曲が全て盛り上げる楽曲が続きダンスフロアが揺れまくり。

 

本来のプレイ時間よりもだいぶ押して止めらるハメになるほどの熱気ぶり。最後のしめMCでリスナー全員が歓声を上げた。

そしてついにHISATOMIの登場。

1曲目は「Another Face」続いて2曲目「Rising Sun」で大声でリスナーも歌う。

会場の映像も照明がリンクしてクールでゴージャス。

MCではダンサーとDJを紹介しHISATOMIの独特のトークと目の付け所が冴え渡る。写真を映し出してダンサーのキュートな部分の話も大爆笑。

 

ほっこりした空気のまま、「OH BABY」「今日という日に」でコール&レスポンスもばっちり。

大阪レゲエ北摂地区の先輩「JUMBO MAATCH」がゲストで登場!!ステージパフォーマンスとリリックに圧巻!!

 

ライブでは必ず盛り上がる「問題ない」では映像コメントと連動しバラエティーに富んだ演出を展開。

 

さらに、さらに、RISKY DICEとのコラボでHISATOMIがサウンドマンに、レゲエサウンド満載で会場がさらにピークを越えて踊り狂う!!

ワンマンライブならではの展開で魅了した。

 

時間があっとゆうまに中盤に差し掛かり、ゲストの「KIRA」が登場。

2人の掛け合いが素晴らしいメロディーを紡ぐ。

続いてなんと新曲を披露。

 

マイクスタンドを用意し、ダンサーコーラスをゲストに迎え、軽快なリズムでアップテンポな恋愛ソングを披露。 

レゲエの枠だけではおさまらない幅広いサウンドを展開し魅了する。

 

ラスト2曲は「スポットライト」「今を生きてこそ」自分の下済み時代の想いや、音楽に対する熱い想いを語りハートに刺さるリリックで終焉を迎えた。 

アンコールは、スペシャルゲストに翔、TAK-Zが華を添えフリートークも炸裂。

さらに寿君がジャマイカからビデオレターも届き会場はほっこりする。

 

HISATOMIは自分の才能はこうゆう素晴らしい仲間に出会えることだと言った言葉が印象に残る。

そしてHISATOMI自身が明言していた隠れた名曲「チャップリン」

 

最後はサプライズで当日来場してくれたファンの皆さんの写真を映写しながら「MY DREAM」。会場は一体になりサビでは大手を左右に振る。

 

約1年ぶりのHISATOMIワンマンライブはバラエティーにとんだ素晴らしいエンタテインメントだった。

2017年に寿君とのゴールデンタッグ「NIKOICHI」ツアーも決定し今勢いに乗るHISATOMIの今後の動きは要チェック!!

 

HISATOMI ワンマンライブ「WHO LONG HIGH?」セットリスト

 

1 Another Face

2 Rising Sun

3 鷹

4 リスク

5 ヒナ鳥

6 OH BABY

7 今日という日に

8 Wull dem again riddim feat Jumbo Maatch

9 Dem nuh like me feat Jumbo Maatch

10 問題ない

11 KUSO BITCH

 

HISATOMI SPECIAL SOUND PLAY(with RISKY DICE)

 

12 I SAY-Remember-

13 F.A.N.T.A.S.Y feat KIRA

14 ONE MORE DANCE feat KIRA

15 新曲(タイトル未定)

16 You are my life

17 スポットライト

18 今を生きてこそ

 

アンコール

 

DESTINATION

バダダンデン feat TAK-Z&翔

チャップリン

MY DREAM

 


ENJOY MUSIC !!



GET THE TICKET !!


チケットぴあ
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
e+(イープラス)


CHECK THE CD !!




DOWNLOAD !!