【インタビュー】Upside Down IMP 初登場!

数々のオーディションで輝かしい実績を残し、アグレッシブなサウンド、そして予想のつかない曲展開、

Vo.ケンによる天にも届きそうなハイトーンヴォイスが魅力的なバンド「Upside Down IMP」が配信限定1st Single「絶対的創造未来」をリリース。

今回は昨年12月に正式加入したDr.UGにバンドそして新作についてインタビューしてみました!

 

---まずはBRUSH UP KANSAI初登場ということでまずバンドの自己紹介をお願いします!

 

ケン:はい!2013年5月にex.Effort Is Rewardedを結成し、同じ高校の軽音楽部で僕と,U-suKe,Kin.Gが出会い、そこからずっと一緒にバンドをしています!

 

前ドラムが上京進学により脱退しました。それからはサポートを迎えて活動していましたが、2016年12月にDr.UGが正式加入して現在に至ります!

 

---最近バンド名を改名されましたね。これってかなりの勇気がいることだと思います。

ブログでも発表されていましたが改めてなぜ改名したのか教えていただけますか?

 

U-suKe:バンド名の改名は高校時代から話は出ていましたが、改名のタイミングが分からず話は流れていたんですが、Dr.UGの加入、音楽性の変化から思い切って改名しました!

 

---プロフィールを見てみるとEffort Is Rewardedの頃から数々のオーディションで優勝されていて、すごい実力派だなと感じましたが…

 

Kin.G:高校時代から、大会やオーディションに出ることが多くて、嬉しい思い、悔しい思い、沢山の経験をしてきましたが、私達の音楽を認めてくれる人が少しでもいてくれるということが、自分達の音楽に対する糧になり、ここまで続けられる力にもなっています!

 

 

---大会などへの出場がバンドで活動していく上でのモチベーションにもなるんですね。

そんな中、オーディションをくぐり抜ける中で、たくさんのバンドとの出会いがあったと思います。

仲のいいバンド、このバンドがライバルだというのはいますか?

 

 

UG:最近、良く共演するバンドは地元バンドの先輩なんですが、‘‘NINYOACT’’というバンドです。他にもお世話になっているバンドは沢山居ますが、ツアーサポートや自分達のイベントにも出てもらったりする機会が特に多いバンドです。常に刺激を与えてくれるバンドであり、信頼しているバンドでもあります!

---DrのUGさんが加入して、数ヶ月すぎましたがいかがですか?

 

U-suKe:UGが正式加入する以前から

数ヶ月間、サポートで叩いてもらっていたのですが、そのときから既にメンバーのように接していたので今ではもう気持ち悪いくらい完全に馴染んでいます!笑

 

---配信リリースされた絶対的創造未来ですが、改名後初のシングルです。どのような思いで制作されたのですか?

 

ケン:コンセプトを‘‘未来’’にして、今の僕らにしか

表せない思いをぶつけた楽曲に仕上がりました。

自分達の将来、未来像を確実に見据えた上で

制作した作品になっています。

 

---リリックは英語が多いですね。海外での活動も意識されていますか?

 

U-suKe:現段階ではまず‘‘日本のバンドシーンを背負いたい’’という気持ちが強いので、はっきりとは言えませんが…笑

いずれは海外で活動していきたいとは思っていますね!

 

---影響を受けたアーティストやこのアーティストを目標にしているなどありますか

 

UG:日本で言えば、ONE OK ROCKですね!

現状あそこまで世界基準で戦えるバンドなんて他に居ないんじゃないかなと思います!

 

日本の音楽はまだまだ世界に行き届いてないと思うんですよね...

ONE OK ROCKは先駆者的な感じだと思います!

 

YouTubeとかの動画サイトを見てたら、海外のアーティストのMVの再生回数は日本のアーティストでは到底及ばないくらい再生されてるじゃないですか?笑

 

そういうのを見ても海外のアーティストは本当に尊敬しているので、洋楽だと目標にしているアーティストは正直、山ほどいますね!

 

 

---バンドとしてのセールスポイントはありますか?

 

Kin.G:ケンくんのハイトーンボイスとアグレッシブなLIVEパフォーマンスですね!

あとはお客さんにどこまでもがっついてLIVEができるところだと思います!笑

 

---レコーディングはどのくらかかったのですか?

 

ケン:楽器隊は順調に進んでいたのですが、

楽曲のキーが高く、メロディにもこだわっていたのでボーカル録りに結構時間がかかりました(汗)

 

 

----オケ録りも苦労されたのかと思いましたが順調だったんですね。全曲展開がすごいですよね。そこらへんは意識されましたか?

 

 

UG:特にリード曲‘‘絶対的創造未来’’のラストの展開はかなり攻めました!

 

Gt.U-suKeが曲を作り始める段階からラストの展開の壮大さをイメージしていたので最初から意識はしていました!

 

---楽曲は誰が作られていますか?

 

Kin.G:主に曲の大半はGt.U-suKeくんが作っています!

そこに各メンバーが味付けをしていって、最終的にVo.ケンくんがメロディと歌詞を付けて完成という流れですね!

 

---オケとメロディは別々で作っているのですね。フロントマンが制作するのではなく、バンドが一体となってあのサウンドが生み出されているんですね。

そして最後に。バンドとして新たなスタートを切ったUpside Down IMP。これからの目標はなんですか?

 

Upside Down IMP:まずは、日本のバンドシーンを驚かせる逸材になることです。目標を定めたらそこで終わってしまうような気もするので特にこれ!というのはないですが、

一つ言うならこのバンドで世界征服するのが目標です!笑

チケットぴあ
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
e+(イープラス)