【レポート】「ゼロと白」50万回再生記念無料ワンマン


今回は名古屋を中心に活動している「phonon」の無料ワンマンが3月11日、大阪福島2nd LINEにて行われた。「ゼロと白」50万回再生記念と銘打つだけあり、今までも勢力的に活動を続けてきた彼ら。30万回再生ではアコースティック音源の配布も行っており、今回の50万回再生では無料ワンマンという運びである。無料ワンマンの1発目が大阪、2発目は東京と躍進を続ける。

1曲目はタイトルにもある「ゼロと白」。シルエットが浮き上がるようなライトを背に登場した。2曲続けて疾走感のある楽曲を披露!序盤から一気に会場の熱は上がり歓声が上がった!

目潰しのライトで登場するも、歓声があがる。

3曲目はカントリーでポップな楽曲「王子の狐」抑揚のはっきりした(Vo.)イマイズミヒカルの歌声が響き渡る。サビではあちこちで手が上がり口ずさむ声が聞こえた。

MCでは今回のワンマンへの思いについて熱く語った。常に挑戦する姿勢を崩さない反面には苦労もあったようだが今回のライブに開始前からたくさんの人でフロアは埋ったこと、駆けつけた人への感謝を述べた。「ゼロと白30万回再生記念の際も、アコースティック音源の配布を行うなどファンへの感謝を形に残してきた彼ら。4曲目で新曲の「幽霊の日」を披露した。

新曲から軽快に楽曲が続く。6曲目「ひいろ」は暖色のライトに照らされイントロからのキャッチーなメロディ、日常を描くような歌詞に会場は聞き入った。7曲目「唄うたいのニコラ」ではコールアンドレスポンス、観客との距離感はなくなっていた。MCをはさみ錆に花」、「夕闇日記」とバラード曲が続き、観客は深々と聞き入り感動に浸る。ラストは「スイングバイ」という疾走感のある楽曲で熱を一気に上げてステージを後にした。そこからアンコールが2回行われた。本当の最後の曲は「ゼロと白」。2回目のアンコールは想定外だったようで、図らずも最初に披露しイベントタイトルの「ゼロと白」でこの日の幕を閉じた.。(以下画像)

<セットリスト>

1.ゼロと白

2.Lir

3.王子の狐

4.幽霊の日(新曲)

5.箱庭望遠鏡

6.ひいろ

7.唄うたいのニコラ

8.錆に花

9.夕闇日記

10.スイングバイ

 

en.メランコリア

en2.ゼロと白


GET THE TICKET !!


チケットぴあ
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
e+(イープラス)


CHECK THE CD !!




DOWNLOAD !!




ENJOY MUSIC !!