【レポート】My Girl 1st mini album "is here" release event


3月15日、梅田Zeelaにて「My Girl」の1st ミニアルバム「is here」のレコ発ライブが行われた。結成から約半年で今のメンバーとなり、待望のミニアルバム発売とあってMVの公開や今回のライブなど様々な方面で勢力的に活動してきた彼ら。

アーティスト写真は目隠しであり、メディアなど顔出しをしていない彼らのライブハウスでしか見られない様子を今回はレポートする。

オープニングアクトの「ABSTRACTION」から今イベントが始まった。「ABSTRACTION」も今年2月15日に1st ミニアルバム「幸せのゆくえ」を会場限定で発売など勢力的に活動を続けるバンドである。MC後にその1st アルバムより「秘密基地」という弾けるような楽曲で重かったフロアの空気を徐々に熱を上げていった。

続いて神戸を中心に活動する「アトリエコード」。ステージに登場するや否や疾走感のある楽曲を続けて披露し、フロアの熱を増した。MCでは今回の主催My Girlへの熱い言葉と激励、そして笑いでレコ発を祝福した。「アトリエコード」も去年の12月にミニアルバム「21g」を発売しており、[いろんな人々の協力があって]ということを熱く語り、また感謝を述べた。中盤に差し掛かり観客のテンションも徐々に上がりきったところで次のバンドへと繋いだ。

本イベントの中盤戦、「soratobiwo」の登場である。エレクトロでポップな要素と、耳当たりのいいメロディで自然とフロアも揺れる。彼らの楽曲「シャンハイミー」では振り付けと共に盛り上がり、楽しそうに演奏する姿がフロア全体の一体感をより強くした。「soratobiwo」は今年4月10日に梅田 クラブクアトロで『Terminal』という2daysイベントの1日に出演も決定しており勢力的に活動中である。ぜひチェックしてみてほしい。

今回のトリ前「オルタニカ」は東京から駆けつけたバンドである。披露した楽曲はシンセとクリーンな音色で、幻想的な空間を演出していた。ミディアムテンポで展開される楽曲が多く、心地よく観客の体を揺らした。去年のEP「Spectrum」の発売からサカエスプリングやミナミホイールなど、イベントに出演するなど活動の幅を広げている。

今回の出演バンドよりMCでたびたび熱い言葉が聞こえる「My Girl」。とうとう彼らの出番となった。黄色のライトで照らされ登場した彼らは疾走感のある楽曲「ナインティーン」からスタートした。そのあとに続く楽曲達も含めて軽快なタッチで描かれるような歌詞と、透明感のある楽曲に観客は聞き入る場面も多々見られた。MCではアルバム「here is」ができるまでの半年の歴史を語った。ポジティブなMCに続けて切ないナンバー「March」を披露。そこから立て続けにアップテンポな楽曲で続けた。アンコール前には早くも次のCDの告知がされるというサプライズ。今後の活動に期待である。

気になった方は是非公式ホームページをチェックしてみてほしい。

<セットリスト>

1.ナインティーン

2.Fury

3.March

4.トウメイ

5.プロブレム

6.here is

en.エスケープ


チケットぴあ
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
e+(イープラス)